当サイトjeweleの城ではシルバーアクセサリーに関する情報、メンテナンス方法や素材など
たくさん紹介しております。
ご興味のある方は是非ご覧になっていってみてください!

シルバーアクセサリー メンテナンス2

超音波で洗浄!?

2万ヘルツより高い超音波洗浄の周波数の音波を使って洗浄するシステムのこと。液体中で超音波を発生すると、洗おうとする物体に接した液面が加圧したり減圧したりを繰り返えすんだ。だから、減圧時にはすごく細かい無数の真空状の気泡が発生するんだよ。加圧時に押しつぶされて、液体同士が激しくぶつかり合い強力なエネルギーが発生するんだ。

この衝撃力が物についている汚れを吸引したり、また剥離するんだ。また、表面だけではなくて石の裏側やブラシなどが入りにくいとうな細かな隙間もキレイになるんだよ。シルバーアクセサリーやめがねなんかをキレイにするための安価なもので、業務用だと数十万円するものがあるんだ。

黒ずみを取りたい

シルバー特有の黒ずみの原因である硫化皮膜を取り除くには、専用のクリーナーを使うと簡単に黒ずみを取ることができます。専用のクリーナーには、布に研磨剤をつけたクロスタイプ、科学的にシルバーの表面の硫化銀皮膜を落とす液体タイプ、研磨剤を配合したペースト状のタイプ、最近ではローションタイプや半練タイプ、スプレー式などがあります。

キズを取りたい

細かいキズなんかだと、研磨剤を含ませたクロスタイプクリーナーで磨くといいかも。簡単に取ることができるんだ。かなり大きなキズや深いキなんかだと、買ったところで直してもらうか、専門的なことで直してもらうことをおススメしするよ。でも、表面に細工がなく浅いキズなんかだと、自分でサンドペーパーを使ってキズを取り除くことが可能だよ。

サンドペーパーで磨く

サンドペーパーは、紙や財布に研磨剤を塗布して、乾燥や硬化させたものなんだ。サンドペーパーに用いられる研磨剤の粗さの基準は#40−#2000位で、それらが使われているんだ。また、磨き専用の#4000〜#15000といった超微粉粒子を使ったものもあるんだよ。

シルバーアクセサリーに使う耐水ペーパーっていうのは、粒度の幅も広くて、水ペーパーとも呼ばれているんだね。空研ぎより水を使う事によって持ち味を引き出せるサンドペーパーだよ。シリコンカーバイトが使われていて、耐水処理をしたクラフト紙を使っているよ。この方法は手入れというよりは、リペアの範囲でクロスで取れないキズを落とす場合に用いられるものなんだね。表面加工などがある時なんかだと、ちょっと自分で手入れするのは難しいから専門の業者に出すことをおススメするよ。

pickup

wifiや携帯(スマホ・タブレット)レンタル業者おすすめ徹底比較

TOP